2007年11月05日

第42回 森謙次さん

森謙正面.JPG

2007.11.05(月)〜11.08(木)
第42回放送 ゲスト

森 謙次 さん 

サンゴ職人


森さんはサンゴ職人でもあり、詩のボクサーでもあります。
そして何より誰もが森さんと話すと、その屈託のない笑顔と体全体を駆使したユーモア満載の雰囲気の虜になります。
一緒に話していると何故かコチラも楽しく、そして明るくなってきます。
是非、森さんの展覧会を観て、作品を十分楽しんだ後は、森さんに話し掛けてみて下さい!

森謙全体.JPG

トーク内容】※詳しくはラジオをお聴き下さい。簡単なキーワードのみ掲載します。

月) 森さんプロフィール。色々な活動紹介。朝青龍や高円宮妃殿下とのサンゴ話について。

火) サンゴ職人の仕事について。こだわりの話。

水) 高知の街について。県外との仕事のやり方。高知の若手作家との繋がり。

木) 誌のボクシングについて。展覧会告知・その他のお知らせ等。

写真で少し番組内容を紹介!!

サンゴ1.jpg

森さんをはじめ、総勢11名によるサンゴ職人のグループ展が間もなく始まります。

『サンゴ職人 グループ展』
会期 11月21日(水)〜12月3日(月)※11月27日(火)のみ休廊
時間 11時〜19時
場所 graffiti(高知市北本町4丁目1-23藁工倉庫)
内容
珊瑚作家11名の作品展!海の宝石珊瑚を使った、アクセサリー、ジュエリー、彫刻を多数展示致します。
より可愛く、美しく、かっこよく、伝統にとらわれない新しいスタイルを感じてみて下さい。
また、お手頃可愛いアクセサリーの販売や、土日にはリフォーム相談もしています。

サンゴ3.jpg

森さんの作品はどれも表情豊かで、きめ細やかで、ユーモアのセンスに長けています。
朝青龍や高円宮妃殿下がお気に入りなのも頷けます。

詩ボク.jpg

サンゴ職人とは別の顔である「詩のボクシング」の朗読ボクサーをしている時の森さん。
今年の8月に開催された高知県大会決勝で見事に優勝。
10月の全国大会に出場するも、惜しくも1ポイント差で1回戦敗退。
森さん独特のスタイルである、自らの波瀾万丈な私生活を赤裸々にアドリブで漫談のように、そしてポエティックに包み込む作風は全国でも大受けだったそうです。
posted by みちる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ウルトラマラソンを続ける理由 11月9日
Excerpt: 西村 今月の「けんちゃんのどこでもブログ」のゲストは、四万十市から来て頂きました
Weblog: けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト
Tracked: 2007-11-05 07:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。